利益を自動的に確定する指値注文

FXでは、予め売買の条件を決め、予約注文を出しておくことができます。

「その通貨のレートがOO円になったら買う(売る)」と条件を決めて注文を出しておくことができるので、一喜一憂することなく安心して取引を行うことができます。条件を指定し予約注文する基本は「指値注文」です。指値注文は、自分の選んだレートになったら自動的に売買を行ってくれるという注文方法です。つまり「円高になったら買う」「円安になったら売る」という条件を出して自動的に売買をする方法です。

例えば、1ドル=91円でドルを購入しました。1ドル=93円になったら利益を確定したい時に「1ドル=93円」売り指値注文を出しておきます。

また、今、1ドル=91円のドルが1ドル=90円になったら新しく買いたいと思った場合は、「1ドル=90円」の買い指値注文を出しておきます。

自分が狙ったレートで確実に売買を行いたい時に、指値注文を出しておくことで、レートを監視することなく狙ったレートに到達した時点で売買を行ってくれるため、チャンスを逃すことがありません。

大きな損失を出さないための逆指値注文

逆指値注文とは、指値注文の逆で、「円安になったら買う」「円高になったら売る」時に利用します。逆指値注文は保有しているポジションの損失を、一定の金額に限定したいときに出す注文方法です。

たとえは、1ドル=91円で購入したドルの損失は1ドルに対して2円の幅までに抑えたい場合に1ドル=92円の売り逆指値注文を出しておきます。

また、1ドル=91円で売りから始めた場合には、「1ドル=93円」までの損失に抑える場合に「1ドル=92円」の買い逆指値注文を出すことで、いつかはあがるといった、自分の希望に流され損失を大きくしてしまう事態をさけることができます。

IFD注文とは・・・

IFD注文とは、「もし注文が成立したら(if done)」という意味で、「新規注文が成立したら、その時点でもうひとつの注文を出す」という注文方法です。IFD注文は、新規注文の時に決済注文をあわせてだすことで利益を確保することができます。

レートは1ドル=93円の前後を動いてるとき、「1ドル=92円までに下がったら買う、その後1ドル=95円になったら売る」という具合に1ドル=92円の買い指値注文と1ドル=95円の売り指値注文をIFD注文として出しておきます。自分が思うようにうまくいけば、1ドル=3円の為替差益を確保することができます。日本時間の夜に開いているニューヨーク市場で為替レートが大きく動くことがあります。このような事態にIFD注文が役に立ちます。

OCO注文とは・・・

OCO注文とは、「One cansels tha other」という意味で、2種類の注文を同時に出し、どちらかが成立したら、もう一方はキャンセルされるという注文方法です。

今保有しているポジションは1ドル=93円で購入しました。予想通りレートが1ドル=95円(円安)に動いた時点で売り指値注文を出し、利益を確定し、予想はと逆にレートが1ドル=92円(円高)に動いたときに売り逆指値注文を出し、損失を確定し決済したいとときにOCO注文を出します。先に売り指値注文が成立すると、売り逆指値注文はキャンセルされます。また、OCO注文はポジションを保有していない場合にも出すことができます。現在為替レートは1ドル=93円前後で動いています。この時に1ドル=91円で買い指値注文をだし、1ドル=95円で買い逆指値注文をOCO注文として出します。つまり、1ドル=91円になったら買いのチャンス、逆に1ドル=95円を超えることがあれば本格的に上昇トレンドに乗ってされに上がり続ける可能性があるので、そこでの買いたいと注文を出すことができるのです。このように、OCO注文は買い指値注文と買い逆指値注文の2種類を同時に出せます。

シナリオ通りの注文が出せるIFO注文

IFO注文とは、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。

IFOの注文方法は、現在のレートが93円前後で動いている場合に、[1]1ドル=91円で買い指値注文を出し成立したあと、[1-1]1ドル=93円の売り指値注文で利益を確定するか、[1-2]1ドル=90円の逆売り指値注文だし、損失を限定するかの条件を指定し注文することができます。

この条件をまとめると、[1]と[1-1][1-2]の3つの注文を同時に出す注文がIFO注文となり、IFO注文を出した結果、レートが円高に動き[1]の注文が成立しました。その後レートが円安に動き、[1-1]の注文方法が成立しましたので、[1-2]の注文がキャンセルされました。

このように、IFO注文なら新規注文から、決済注文までを1度に設定できるため、夜中にレートが大きく変動した場合でも安心して取引を行うことができます。

FX比較表
基本サービスで比較 | 企業情報で比較 | 取引ツールで比較 | スプレッドで比較 | 対応銀行で比較 | テクニカルチャートで比較 | 対応通貨ペアで比較 | 注文機能で比較
掲載FX会社一覧
GMOクリック証券FX | ヒロセ通商 | インヴァスト証券(シストレ24) | 外為ジャパン | マネックスFX(FXプレミアム口座) | FXCMジャパン証券 | 外為どっとコム | FXブロードネット | マネーパートナーズ | 外為オンライン | セントラル短資FX | みんなのFX | アイネットFX | ひまわりFX | SBI FXトレード | 選べるミラートレーダー(FXプライムbyGMO) | JFX MATRIX TRADER | インヴァスト証券株式会社(トライオートFX)
FX初心者向けコンテンツ
為替相場動向 | 外為投資の基礎知識 | 外国為替証拠金取引のしくみ | 取引ツールを上手に使う | 通貨を決めるポイント | 為替レートが変動する要因 | 自分にあった投資スタイル | FX業者の正しい選び方 | 税金の仕組み